企業城下町における商圏分析 ☆1★

 地方の企業城下町へと人々が集まった高度経済成長時代以降、その受け皿として開発されたのが団地である。それから半世紀、人々の夢を束ねた理想の住まいは高齢化に直面し、暮らし難ささへ孕むようになっている。商圏分析はこうした社会の変化にどのような対峙することができるのだろうか。 そもそも三大都市圏で団地と言えば、集合住宅型の住まいを連想させる。そこに住むサラリーマンは、大都市圏の交通網の整備を背景に、ライフステージによって住まいを変えていくことができた。しかし、地方の、とりわけ大企業に勤めるサラリーマンの住宅地として開発された団地は、職住接近型であり、仕事を変えない限り一生をそこで過ごすことを目的としてつくられてきたのである。もちろん、中小の企業や商店も商圏分析よろしく団地の恩恵にあすがってきた。 しかし、地方都市における団地は、その成立要因から半世紀たった現在、居住者の高齢化を迎えることとなっている。

中折れやedとは

ちょっとしたバーでくつろぎませんか?